2012年のHIVの新規感染者数が発表

厚生労働省のエイズ動向委員会が22日、

 

昨年1年間の新規HIV感染者・エイズ患者の速報値を発表しました。

 

今回の速報値について、「経年傾向として、新規HIV感染が増加しているという

 

データはなく、新規の感染については横ばいとなっている可能性がある」

 

コメントされています。

 

http://api-net.jfap.or.jp/status/2013/1302/20130222_coment.pdf

 

 

この数は検査や診療などで報告された人数なので、

 

もちろん実際に日本でHIVに感染している人がどうなっているか、

 

を示すものではありません。

 

 

今までは、検査や相談件数も減少傾向にあることから、HIVの新規感染は

 

増えているという見方をしていました。

 

 しかし、ここ数年のデータを見て実際に日本の感染者数も横ばいになっている可能性がある

 

という初めての見方を打ち出しました。

 

 

これは今までの政策が実を結んだ成果とも言えます。

 

 

では、本当にHIVの感染拡大は止まったのか、と考えると、

 

必ずしもそうは言えないのではないか、と思います。

 

 

データは全国のものであるため、各地域の動向も同じであるかどうかはわかりません。

 

 

また、世間のエイズへの関心が低下しているのも確かであり、もう何の対策も

 

しなくてよいというわけではありません。

 

 

エイズは決して終わりを迎えたわけではありません。

 

 

これからどう推移していくのかを注目して見ていかなければならないと思います。

 

 

大阪の2012年のデータも発表されたらまたお知らせしたいと思います。

毎日新聞の記事より(2月7日)

エイズ:患者増、HIV検査は減 最多08年の7割止まり−−大阪

(記事全文)http://mainichi.jp/area/news/20130207ddf001040011000c.html

 

 

 

大阪府のエイズを取り巻く状況がどうなっているかを伝える

 

記事になっています。

 

 

過去にも大阪府はエイズを発症してからHIVに感染していることがわかる

 

人の割合が全国でも高いと言われていました。

 

 

現在もその状況は変わらないのですが、HIVの検査をする人は

 

逆に年々減少傾向にあります。

 

 

メディアなどでもエイズのことが報道されない中、エイズへの関心が少しずつ

 

薄れてきた結果と言えるのかもしれません。

 

 

しかし、エイズは終わったことでも過去のものでもありません。

 

誰の身近にもあるものなのだと感じてほしいと思います。

HIV/AIDSの啓発ムービー公開中!

HIV/エイズの現状は大阪ではどうなっているのか、や

 

HIV/エイズの正確な情報にアクセスしてもらうために、

 

 

 

大阪駅マルチビジョン48、ナンバード、心斎橋OPAビジョン

 

の3箇所で大阪エイズ情報Nowのキャラクターであるアイやんやなうっちが

 

登場しているHIV/エイズの啓発のムービーが放映されています。

 

 

 

2月4日からなのでもうご覧になった方もいるかもしれませんね。

 

ナンバードは2月10日まで。

 

他2箇所は2月17日まで放映しているので、

 

これらの場所に足を運んだ際にはぜひどんなムービーなのか見てみてくださいねー!

京都市営地下鉄にHIV予防広告が登場!

12月1日の世界エイズデーに合わせて、

 

HIV(エイズウイルス)の感染予防を訴える車内広告が

 

京都市営地下鉄烏丸線の電車内に登場しました。

 

 

 

エイズに関するクイズを中づり広告で出題し、

 

つり革棒に掛けられた持ち出し自由な短冊状の広告に解答が書かれています。

 

 

 

エイズという言葉を使っていなかったり、大学生の利用が多いことから、

 

試験問題を模した形式にしたりと、

 

興味を持ってもらうために色々な工夫がされています。

 

 

 

斬新なデザインも手伝って反響も大きく、10日間で短冊広告約2000枚が持ち帰られたそう。

 

 

 

全国的にHIV検査件数が減っているなど、エイズへの関心は低下してきています。

 

こういった機会で今までエイズについて考えることのなかった人が少しでも

 

考えるきっかけとなればいいですね。

 

 

京都新聞12月28日の記事より→http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20121128000071

おおさかエイズ情報NowのWeb広告掲載中!

HIVやエイズのことはネットで検索しても古い情報なども混じっていて、

 

なかなか正確な情報を得るのは難しいもの・・・

 

 

そこで、HIV/AIDSの正しい情報にアクセスし、検査やサポートに繋がるようにするために、

 

Yahoo! JAPANに「おおさかエイズ情報Now」のWeb広告が掲載されています。

 

 

表示されるのは大阪府内からのアクセス限定なのですが、

 

10月の26日まで、Yahoo! JAPANのトップページから次にアクセスしたページ

 

(天気予報やニュースなど)の右側の広告スペースに表示されます。

 

 

なお、「おおさかエイズ情報Now」のtwitterアカウント[@osaka_hiv_now]

 

もあります。

 

 

このアカウントでは、大阪で行われるイベントやイベント検査情報などを

 

つぶやいていきますので、ぜひフォローをお願いします!

【9/26】HIV/AIDS啓発番組があります

9月26日(水)にHIV/AIDSに関する番組がUstreamで配信されます 😀

 

その名も、

「Words of Love~Let’s talk about HIV/AIDS~」

 

9月26日(水) 21:30~より

 

以下のサイトからアクセスして見ることが出来ます♪
今回は第3回目の配信。

 

http://www.wordsoflove.jp/

 

MCにお笑い芸人のダイノジさんを迎え、

トークと生ライブがあります。

また、番組中はTwitterでの質問をリアルタイムで受け付けています。

 

 

エイズについて知ってほしい。自分や大切な人のために・・・

そして、あなたのまわりにもエイズとともに生きる人がいることに思いをめぐらせてほしい。

 

そんな思いで作られた番組です。時間の合う方はぜひご覧になってはいかがでしょうか(^^)

読売新聞の記事よりvol.3(9月2日)

今回の記事は9月2日の読売新聞に載っていた、

 

国立病院機構大阪医療センターでHIV/AIDSの診療に携わっておられる

 

白阪琢磨さんのインタビューの続きです。

 

 

記事は上、中、下の3回に分かれていて、今回はその最後にあたる下の記事です。

 

 

こちらから→http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=64201&from=popin

読売新聞の記事よりvol.2(8月26日)

今回の記事は8月12日の読売新聞に載っていた、

 

国立病院機構大阪医療センターでHIV/AIDSの診療に携わっておられる

 

白阪琢磨さんのインタビューの続きです。

 

 

記事は上、中、下の3回に分かれていて、今回はその2つめです。

 

 

こちらから→http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=63823&from=popin

読売新聞の記事より(8月12日)

8月12日の読売新聞に、

 

国立病院機構大阪医療センターでHIV/AIDSの診療に携わっておられる

 

白阪琢磨さんのインタビュー記事が載っていたので

 

ご紹介します。

 

白阪さんはエイズ治療が日本で始まった初期からかかわっておられ、

 

2000人以上の感染者の方を見ておられます。

 

白阪さんが見てきた感染された人たちの昔から今を感じられる記事になっていますよ。

 

 

因みにこの記事は、上、中、下の3回に分かれていて、今回は最初の上の記事です。

 

こちらから→http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=63443&from=popin

Yahoo!ニュースより(7月18日)

Yahoo!ニュースでこんな記事が挙がっていたので、

ご紹介しますね。

 

=====================

HIV感染者、10年で2割減=中低所得国の対策費増加―国連機関

 

 

【ジュネーブ時事】国連合同エイズ計画(UNAIDS)は18日、

 

世界のエイズウイルス(HIV)感染に関する報告で、

 

2011年の新規感染者数は約250万人と、

 

治療薬の普及により10年前(約320万人)から21.9%減少したと発表した。

 

死者はピークの05年(約230万人)から2割以上少ない約170万人。

 

報告書によると、アフリカなど中低所得国が昨年支出したHIV対策費は86億ドル(約6800億円)。

 

UNAIDSなど国際支援で賄われた額である82億ドル(約6500億円)を初めて逆転した。

 

(引用元)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120718-00000190-jij-int

======================

 

 

アフリカなどの国が支出したHIV対策費が増加している、ということなので、

 

国をあげて、HIV/AIDSの問題に取り組んでいるということですね。

 

日本ではいまだ新規感染者数が増えています。

 

1人1人が自分には関係ない、と思わずに、

 

HIV/AIDSのことを考えていけたらいいですね。