Yahoo!ニュースより(7月18日)

Yahoo!ニュースでこんな記事が挙がっていたので、

ご紹介しますね。

 

=====================

HIV感染者、10年で2割減=中低所得国の対策費増加―国連機関

 

 

【ジュネーブ時事】国連合同エイズ計画(UNAIDS)は18日、

 

世界のエイズウイルス(HIV)感染に関する報告で、

 

2011年の新規感染者数は約250万人と、

 

治療薬の普及により10年前(約320万人)から21.9%減少したと発表した。

 

死者はピークの05年(約230万人)から2割以上少ない約170万人。

 

報告書によると、アフリカなど中低所得国が昨年支出したHIV対策費は86億ドル(約6800億円)。

 

UNAIDSなど国際支援で賄われた額である82億ドル(約6500億円)を初めて逆転した。

 

(引用元)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120718-00000190-jij-int

======================

 

 

アフリカなどの国が支出したHIV対策費が増加している、ということなので、

 

国をあげて、HIV/AIDSの問題に取り組んでいるということですね。

 

日本ではいまだ新規感染者数が増えています。

 

1人1人が自分には関係ない、と思わずに、

 

HIV/AIDSのことを考えていけたらいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。